CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< むすんで、ひらいて !! VoL.53 | main | むすんで、ひらいて !!  Vol .55 >>
むすんで、ひらいて !! V0l.54
長年、子どもの指導をして来て思うこと

心はちゃんと育っていますか?

「昔と今の子育ては違っていますか?」という質問をよくされます。思えば、今のお父さん・お母さん方が産まれる頃から知能育成の教室をしているのですが、昔と今とではかなり違うように思います。

私が一番に思うのは、あまりにも幼い頃から知識を教える事に重点を置いた子育てになっているということです。
「文字を教える」「数字を教える」「計算、漢字、アルファベット」と次々に覚えさせることが賢い子どもを育てることと思っていらっしゃる方が多いようです。しかし、それは全く違うと私は思っています。

まず、幼児期に親として子どもにしなければいけないことは、人として生きていく上での人間形成。「これはしていいこと」「してはいけないこと」の判断が出来るように育てていくことです。
小学校に入って、先生の話を聞けない、友達とうまく付き合えない等々、さまざまな事が問題になっています。子どもと向き合って話し、ひとつひとつ教えていくことが大切です。

お友達が車で遊んでいて、突然、横から取ってしまいケンカになる。そういう事は良くあります。「だめよ!」だけでなく、「取られたら悲しいよね、ちょっと貸してと言ってみたら?」と声掛けをするだけで、子どもは素直に受け入れます。

100%完璧な教育はできませんが、親がちょっと心掛けるだけで、随分違いますよ。我が子が大人になった時の事を想像して、人に愛される子に育てることが大切です。
文字や数や知識は、後からでも十分覚えます。心配しなくても良いのです。
| - | 00:22 | comments(0) | - |
コメント
コメントする